タイトル 内容 ご乗車はこちら
各事業者最後の西工の新車 2010年8月、西日本車体工業が会社解散しました。
今後、西工の車両を多数採用していた事業者でも、
その姿は過去のものとなります。
このページでは、各事業者に西日本車体工業から
新車で最後に納入された車両を特集します。
入口
KC-MP217/617(NSK58MC) 僅か一年ほどしか発売されず束の間の車種に終わったKC-MP217/617シリーズですが、
なんとニューエアロスター第1陣が登場した後も
KC-MP217/617シリーズは西日本車体への
シャーシ供給のために生産されていました。
 
ここではこれらの車両を特集します。
入口
KC-MP217(NSK96MC) 西日本車体に対するKC-MP217/617シリーズから
KC-MP317/717シリーズへのシャーシ供給切り替えが、
西日本車体のモデルチェンジ時期に比して
やや遅れてしたため、わずかながらにこのような
組み合わせの車両が存在します。
入口
KC-LV832と西工の組み合わせ 大阪市交通局と京都市交通局だけに存在する、
KC-LV832シャーシの西工96MCです。

N尺が4両、L尺が3両、いずれも2000年式です。
入口